ヒカエル 栄養成分表検索サイト

ナトリウム(食塩相当量)の多いスナック菓子

スナック菓子は、お菓子の中でもナトリウム(食塩相当量)が多い方です。そのため、高血圧などで減塩している方の中には、スナック菓子を食べないようにしている方も少なくないようです。

ここでは、数あるポスナック菓子のなかでも、特にナトリウム(食塩相当量)が多いものをランキング形式でご紹介します。

ナトリウム(食塩相当量)の多いスナック菓子

■ ポリンキー めんたいあじ

基準値 *100gあたり 60.0gあたり
エネルギー 521.7kcal 313kcal
たんぱく質 4.3g 2.6g
脂質 28.2g 16.9g
炭水化物 63.0g 37.8g
食塩相当量 2.67g 1.60g

製造者/販売者:湖池屋

*1袋60.0gから換算

■ ポリンキー コーンマヨあじ

基準値 *100gあたり 55.0gあたり
エネルギー 525.5kcal 289kcal
たんぱく質 4.2g 2.3g
脂質 28.5g 15.7g
炭水化物 63.1g 34.7g
食塩相当量 2.36g 1.30g

製造者/販売者:湖池屋

*1袋55.0gから換算

■ かっぱえびせん

基準値 *100gあたり 90.0gあたり
エネルギー 494.4kcal 445kcal
たんぱく質 6.3g 5.7g
脂質 22.1g 19.9g
炭水化物 67.4g 60.7g
食塩相当量 2.33g 2.10g

製造者/販売者:カルビー

*1包装90.0gから換算

■ 超濃厚スコーン 辛うま味噌ラーメン味

基準値 *100gあたり 85.0gあたり
エネルギー 554.1kcal 471kcal
たんぱく質 5.4g 4.6g
脂質 33.6g 28.6g
炭水化物 57.2g 48.6g
食塩相当量 2.24g 1.90g

製造者/販売者:湖池屋

*1袋85.0gから換算

■ うまい棒タコヤキ

基準値 *100gあたり 6.0gあたり
エネルギー 600.0kcal 36kcal
たんぱく質 5.0g 0.3g
脂質 43.3g 2.6g
炭水化物 48.3g 2.9g
食塩相当量 2.17g 0.13g

製造者/販売者:やおきん

*1本6.0gから換算

■ うまい棒納豆味

基準値 *100gあたり 6.0gあたり
エネルギー 533.3kcal 32kcal
たんぱく質 10.0g 0.6g
脂質 31.7g 1.9g
炭水化物 55.0g 3.3g
食塩相当量 2.17g 0.13g

製造者/販売者:やおきん

*1本6.0gから換算

■ ポリンキー あっさりコーン

基準値 *100gあたり 60.0gあたり
エネルギー 526.7kcal 316kcal
たんぱく質 4.2g 2.5g
脂質 28.3g 17.0g
炭水化物 63.3g 38.0g
食塩相当量 2.17g 1.30g

製造者/販売者:湖池屋

*1袋60.0gから換算

■ じゃがりこ たらこバター

基準値 *100gあたり 52.0gあたり
エネルギー 494.2kcal 257kcal
たんぱく質 6.7g 3.5g
脂質 24.0g 12.5g
炭水化物 62.9g 32.7g
食塩相当量 2.12g 1.10g

製造者/販売者:カルビー

*1包装52.0gから換算

■ ドラゴンポテト バターしょうゆ味

基準値 *100gあたり 48.0gあたり
エネルギー 535.4kcal 257kcal
たんぱく質 3.3g 1.6g
脂質 31.3g 15.0g
炭水化物 60.0g 28.8g
食塩相当量 2.08g 1.00g

製造者/販売者:ジャパンフリトレー

*1袋48.0gから換算

■ うまい棒やきとり味

基準値 *100gあたり 6.0gあたり
エネルギー 533.3kcal 32kcal
たんぱく質 4.8g 0.3g
脂質 32.0g 1.9g
炭水化物 56.7g 3.4g
食塩相当量 2.00g 0.12g

製造者/販売者:やおきん

*1本6.0gから換算

ヒカエルは、お菓子や飲料、カップラーメンなどの加工食品の栄養成分(表)を検索できるウェブサービスです。ダイエットや高血圧予防などの健康増進には、自分がどのような栄養成分をどれだけ摂取しているのかを把握することが大切です。上部の検索窓から、みなさまが普段よく口にする加工食品の栄養成分について、ぜひ調べてみてください。

こちらもぜひご覧ください♪

掲載商品一覧

使用にあたりご確認ください

ナトリウム→食塩相当量 換算

食塩相当量は0gです。

栄養成分表とは?

一般消費者向けの加工食品や添加物に対して表示が義務付けられた栄養情報です。エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム(食塩相当量で表示)は基本5項目として必ず表示しなければなりません。健康習慣をつけるには、まず栄養成分表を意識的に見るようにしましょう。

食塩相当量とは?

食品に含まれるナトリウムをすべて食塩由来とみなして食塩量に換算した値です。特に高血圧の場合には、食塩相当量に気を付けましょう。現在ではまだナトリウム表記のものもありますが、その場合は「食塩相当量(g)=ナトリウム(mg)× 2.54 ÷ 1000」で食塩相当量に換算できます。以下にナトリウム量(mg)を入力すれば、食塩相当量が算出されます。