ヒカエル 栄養成分表検索サイト

商品名から各栄養成分表(エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量)を検索

食品の塩分量を把握するには

高血圧、妊娠高血圧症候群などと診断されると、たいていは減塩を指導されることになります。しかし、急に減塩しようと思っても、何から手を付けていいかわからないかと思います。

そんなときに参考になるのが、女子栄養大学出版部から出版されている管理栄養士監修「塩分早わかり」という本です。この本は、よく使う食品にどれだけ塩分が含まれているのか、詳細に記載されています。

読後、やはり加工食品には塩分が多量に含まれているなと、改めて感じました。

減塩生活を進めるためにも、このようなデータブックを活用するのがおすすめです。

このウェブサイト「ヒカエル」では、市販のお菓子や飲料などの加工食品の栄養成分が検索できますので、あわせて活用してみてください。

栄養成分ランダム表示

ベジたべる あっさりサラダ味
たべっ子水族館
チョコチップクッキー
トッポ ビター
ルヴェール

栄養成分表とは?

一般消費者向けの加工食品や添加物に対して表示が義務付けられた栄養情報です。エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム(食塩相当量で表示)は基本5項目として必ず表示しなければなりません。健康習慣をつけるには、まず栄養成分表を意識的に見るようにしましょう。

食塩相当量とは?

食品に含まれるナトリウムをすべて食塩由来とみなして食塩量に換算した値です。特に高血圧の場合には、食塩相当量に気を付けましょう。現在ではまだナトリウム表記のものもありますが、その場合は「食塩相当量(g)=ナトリウム(mg)× 2.54 ÷ 1000」で食塩相当量に換算できます。以下にナトリウム量(mg)を入力すれば、食塩相当量が算出されます。

食塩相当量は0gです。